ニキビ肌用基礎化粧品の選び方

大人ニキビに対応したニキビ用基礎化粧品はどのようにして選んだらベストなニキビケアができて、速くニキビとサヨナラできるのか、

大人ニキビ肌用基礎化粧品の選び方について説明しています。

ニキビは、白ニキビ→黒ニキビ→赤ニキビの順に進行していきます。

20代以降にできてしまう大人ニキビは、皮脂分泌過剰の思春期ニキビと違い、ホルモンバランスの影響、ストレスや生活の乱れ、ターンオーバーが乱れ角質層が肥厚することで、毛穴を詰まらせどんどん悪化していきます。
大人ニキビは、年齢が上がっていくほど治りにくく、跡が残りやすいのです。

大人ニキビ肌用基礎化粧品も、年齢に合わせて選ぶことをオススメします。
思春期ニキビの頃に使っていて良かったニキビ肌用基礎化粧品も、大人ニキビ肌には合いません。

20代以上の肌に10代の頃と同じケアでは、皮脂を取りすぎてしまい、肌が乾燥して、かえって治りにくくなってしまします。

また、思春期ニキビの頃は皮脂が多いTゾーンにニキビができやすかったのも、大人ニキビになると古い角質が残りやすいフェイスライン中心(頬・あご・口の周りなど)にできやすい特徴があります。
大人ニキビ肌用基礎化粧品は、大人ニキビ独特のやっかいな問題を解消して、にきびができにくい肌へ導いてくれる役割を果たしています。

大人ニキビ対策には、大人ニキビ肌用基礎化粧品として発売されているスキンケアシリーズをお使いになることを強くオススメします!

毛穴対策・ニキビ防止・角質肥厚防止など行いながら、保湿効果が高いニキビケア基礎化粧品をお選びください。

▼大人ニキビに対応した基礎化粧品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です