ニキビ肌にも安心して使えるオイルじゃないクレンジング

オイルじゃないクレンジングを厳選しています。

オイルじゃないクレンジングは、ノンオイルクレンジング・無油分クレンジングと呼ばれ、肌の成分と同じアミノ酸成分だったり、天然クレイ成分などで作られています。

「ニキビができている肌に使えるように」と考えられて作られていますので、ニキビ肌や敏感肌の方でも安心して使うことができるのでオススメです!

ニキビ肌にオススメのクレンジング

オルビス クレンジングリキッド

リキッドタイプでニキビ肌にオススメ!

  • 100%オイルカットだからニキビの気になる肌へ最適!
  • 植物性洗浄成分配合で、しっかりメイクもするする落ちる♪
  • みずみずしい使い心地は美容液級!一度使うとヤミツキに!

30%以上が保湿成分!
素肌のバランスに近いベースで作られているので、つっぱらず、ツルツルに!

高いクレンジング力と、ヌルつき、ベタつきのなさ、すすぎの早さなど、スッキリ洗えてみずみずしい”オイルカット”の良さを生かした処方がニキビ肌にも信頼されています!

単品購入1本税込1,440円
オルビス クレンジングリキッド詳しくはコチラ ≫

 

ビーグレン クレイウォッシュ

ニキビ

天然クレイの吸着洗顔がニキビ肌にオススメ!

  • 洗うたびにニキビが減っていく天然クレイ洗顔料は、1本でクレンジング&洗顔の2役!
  • 世界で最も粒子が小さく、 毛穴の汚れや古い角質を取り除く吸着効果に優れている天然クレイ(モンモリロナイト)を配合!
  • ビーグレンのニキビケアはガン治療にも使われる浸透テクノロジーを採用していますので、使用後すぐニキビへの効果が実感できます!

即効性の効果が好評です!

特にクレイウォッシュは、クレンジングと洗顔の2役をこなし、泡は立たちませんが肌への洗浄・汚れ吸着効果はお墨付きです!

有効成分を浸透テクノロジーで働かせたい所まで届けることができるので、ニキビが出来にくくなるだけではなく、ニキビ跡修復やニキビの色素沈着など解消し、乾燥しないキレイな素肌へと改善します!

クレイウォッシュが揃ったトライアル税込1,944円
ビーグレン クレイウォッシュ詳しくはコチラ ≫

 

ノブACアクティブ クレンジングリキッド

リキッドタイプでニキビ肌にオススメ!

  • 有効成分グリチルレチン酸ステアリルの抗炎症作用でニキビを寄せ付けない!
  • リキッドタイプなので、肌なじみが良く、「ニキビができたらこのクレンジング!」の口コミ多い♪
  • 臨床皮膚医学に基づいて考えられたニキビ肌用クレンジング!

臨床皮膚医学に基づいて考えられたニキビ肌用クレンジングです!

リキッドタイプのメイク落としで、素早くメイクとなじんで、メイクの毛穴のつまりをしっかり浮き上がらせて落とすので、毛穴もスッキリします!

クレンジングの時からニキビ&乾燥予防設計で、ただ汚れを落とすだけではなく、ニキビや乾燥を予防し、しっとりとした気持ちの良い洗い上がりを実感できます!

クレンジングリキッドが揃ったトライアル1,500円+税
ノブACアクティブ クレンジングリキッド詳細はコチラ

ニキビ肌のクレンジングでの注意点

ニキビ肌のクレンジングは、とても気を付けていらっしゃると思います。

クレンジングは、主にメイク落としが目的で使いますので、中にはメイクさえ落ちればいいという方もいらっしゃると思います。

しかし、丁寧なクレンイジングはニキビの悪化を防ぎ、ニキビ肌に合うクレンジングを選ぶことで、ニキビをぐっと減らせることができます。

丁寧なクレンジングをされている方も、クレンジングに自信がない方も、今一度確認してみてくださいね。

こんなクレンジングのやり方はニキビを悪化させます!

クレンジングを肌にいきなりつけて、ゴシゴシこすりだす

クレンジングは、通常乾いたメイクの肌につけて落とすものですが、いきなりつけてゴシゴシするのは要注意です。

なぜなら、メイク肌にはチリやホコリ、花粉や砂ぼこりなどのゴミも付着しています。

いきなりクレンジングでゴシゴシすると、そういったゴミで肌を摩擦することになり、肌によくありません。

さらに、ゴシゴシする摩擦力で肌を傷めてしまい、ニキビの悪化を招いてしまいます。

パック用ではないクレンジングを肌に長い時間おいておく、もしくは、クレンジング時間が長い

クレンジングパック用に設計してあるもの以外、クレンジングに時間をかけても意味がありません。

クレンジングの時間が長すぎると、逆に必要な皮脂を取り過ぎてしまい、ニキビや乾燥の原因になります。

どんなに上質なクレンジングでも、長すぎるクレンジングは禁物です。

さらに、パック用のクレンジングでない限り、通常のクレンジングではパックの効果がありません。

毛穴の汚れをキレイに取りたくて、クレンジングを長く肌に乗せておくことは、肌の常在菌のバランスを崩し、必ず赤みやニキビや敏感肌の原因になりますので禁物です。

ニキビ肌に何年も同じオイルクレンジングを使わない

何年も同じクレンジング剤を使い、ニキビが一向に治らない方は、使用しているオイルクレンジングの見直しが必要です。

オイルクレンジングは、メイク(油分)と水をなじませて落とす役割の「界面活性剤」が配合されています。

その界面活性剤は、肌荒れ・乾燥・吹き出物・ニキビの悪化を招いてしまうくらい刺激が強く、バリア機能を壊してしまうと言われています。

長年同じオイルクレンジングだと、常に肌を傷めやすいということになります。

ニキビ肌に合うクレンジングの選び方

ノンオイルクレンジングでニキビと肌への負担を減らす!

オイルクレンジングには「界面活性剤」が多く配合されており、これがかなりニキビに負担をかけてしまいます。

界面活性剤は、肌への刺激が強く、必要な皮脂までも奪ってしまうためバリア機能を破壊し、肌あれや乾燥など肌トラブルを招いてしまいやすい成分です。

ニキビ肌に使うクレンジングは、肌負担が強いオイルクレンジングではなく、肌にやさしくニキビができていても使えるように設計されているクレンジングがオススメです。

例えば、

  • クレンジングリキッド
  • クレンジングウォーター
  • 天然クレイ配合

などでしたら、肌にやさしくメイクを落とすことができます。

今のクレンジングは、「メイクの落ちが悪い」といったようなことはなく、むしろお肌のことを考えて作られているので安心です。

安いクレンジングはNG!クレンジングはニキビ用のものを選ぶこと!

「クレンジングはメイクを落とすだけだから安いクレンジングで済ませたい」と思うところですが、実はこれには落とし穴があります。

安いクレンジングは、界面活性剤が多く使われていたり、安い成分で作られていたりしますので、あまりニキビ肌にオススメできません。

スキンケアの一番最初に行うクレンジングは、やはりニキビ用クレンジングを使うことで、遠回りすることなくニキビの悪化を防ぎ、ニキビをできにくくします。

高いなぁと思うニキビ用クレンジングでも、ニキビができなくなり、スキンケアへ悩みや化粧品の数が減れば、それは値段が高いこと以上に価値があることです。

ニキビを解消するために安いクレンジングは卒業して、ちゃんとニキビ肌に合ったクレンジングの使用をオススメします!

使う前にトライアルセットで必ずお試しすること!

どんな化粧品が自分に合うのかわからない方は、まずはお試しセットからの使用をオススメします!

ニキビ肌はデリケートです。クレンジングを変えれば、そのクレンジングに反応してニキビができてしまう可能性もあります。

もしお肌に合わない場合の時のことも考えて、いきなり本品を購入せず、トライアルセットでお肌に合うかどうか試してから、気に入れば本品を購入すればいいんです。

このページでご紹介しているクレンジングは、とてもお肌にやさしいクレンジングですが、やはり事前にトライアルセットでお試しください。

トライアルセットがないクレンジングでも、返品対応がありますので、事前に確認することも大切です。

ニキビ肌におすすめのクレンジング美肌テクとQ&A

クレンジングの時間はどれくらいがベストですか?
クレンジングを始めてから、約30秒から1分程がベストです。
どの部分から始めればいいですか?
皮脂分泌が盛んなTゾーンから始めて、頬・あご→全体へと伸ばしていくのがオススメです。
クレンジングは伸ばすだけでいいですか?
大きく伸ばす部分と細かくクルクルする部分を分けるといいですね。額や頬の面積の広い部分は大きく伸ばし、小鼻や口周り・Tゾーンは細かくクルクルするのがオススメです。
後で洗顔するのでクレンジングの流し方はサッとでいいですか?
クレンジングの洗い残しはシミにはなりませんが、毛穴詰まりや黒ずみ毛穴の原因になります。ぬるま湯でクレンジングが落ちたのを感じられればOKです。
クレンジング時のチカラ加減はどのくらい?
クレンジングにチカラは必要ありません。肌になじませた後は、力を入れずやさしく指を滑らせるような感じで動かすのがベストです。
クレンジングは温めた方がいいと聞きましたが?
肌の体温とクレンジングの温度が同じくらいの方が、肌なじみがよくクレンジング効果を発揮できます。クレンジング剤を熱くする必要はありませんが、洗面器に溜めたお湯の中で、あらかじめボトルのままクレンジング剤を温めておいてもいいですよ。

ニキビ肌に最適なクレンジングは無油分のノンオイルクレンジング

ニキビ予防に一番大切なのは、毛穴を詰まらせないことです。

クレンジングの後にどうせ洗顔するからと、クレンジング剤が残ったまま洗顔するのではなく、やはりクレンジングが落とせたのを感じてから洗顔をした方がいいでしょう。

無油分のノンオイルクレンジングは、流すのもあっという間ですから、そんなに時間はかかりません。

しつこいクレンジングは肌トラブルの元ですので、オイルクレンジングだと時間がかかってしまいます。

とっても快適に使えるノンオイルクレンジングですので、ニキビ肌にとってもオススメなのです。

ニキビ肌にオススメのクレンジングを今すぐチェック!